荒れやすい唇のケア

唇は皮膚が薄く、メイクや食事、歯磨きなどで絶えず何かに触れている状態にあるので、非常に荒れやすい箇所と言えます。

皮が剥けて血が出てしまったり、メイクもできないほど荒れてしまったりする前に、しっかりと効果的なケアをすることが大切です。

唇のケアといって、まず思い浮かぶのがリップクリームです。
リップクリームにもさまざまなものがあり、濃厚な潤いを与えるタイプや、UVケアのできるもの、血色をよくするもの、オーガニックにこだわったもの、敏感肌でも使える肌に優しいものなどが挙げられます。

荒れない唇を目指すためには、自分の肌質にあったものを選び、さらに潤いと適切な油分を補給できるものを選ぶと良いでしょう。

保湿成分としてヒアルロン酸やハチミツ成分などが入ったものが人気を集めています。油分では、馬油やシアバターなどが高い効果をあげるとされています。

また、オーソドックスなスティックタイプのほか、ねっとりとしたジェリータイプでより高保湿を謳っているタイプも多く出ています。グロスのような役割をするため、唇をラップして乾燥や刺激から守る効果も高く、ツヤも出るのが特長です。

スティックタイプよりもテクスチャーが緩いので、口紅の下地としては不向きなものもあるので注意が必要です。

唇の荒れを防ぐには、自分に合ったリップクリームを選んでこまめに塗るという方法のほか、入浴中にできるスペシャルケアも効果的です。

保湿力が非常に高い純粋なハチミツをたっぷりと塗った状態で湯船に浸かると、浴室内の気温と湿度で成分が唇に深く浸透し、荒れた肌を滑らかに整えます。

ハチミツの代わりに、馬油やシアバター、アルガンオイル、ヘンプシードオイルなどを利用しても効果的です。湯船に浸かる時間がない時には、これらを付けた状態でラップをすると短時間で浸透させることができます。

外からのケアばかりではなく、内からのケアも大切です。ヒアルロン酸やセラミドなど、失われやすい保湿成分をサプリメントで補給することで、根本的な改善に繋がるケースもあります。