乾燥性敏感肌の私が健やかな肌を保つのポイント

敏感肌にとって、花粉の舞うこの季節はとても辛い時期です。

花粉症でかつ敏感肌の人は、花粉の刺激により肌荒れを起こしてしまったり、ニキビが出来てしまったり、何かとトラブルに遭い易い時期と言えます。

私自身敏感肌に悩んでいて、プラス乾燥もし易いので、この時期は大変です。ここでは私が気をつけている肌ケアの方法をいくつかお話したいと思います。

まずは、花粉症対策をしっかりする事です。
花粉は非常に小さくて目に見えにくいものなので、なかなか全てを完全にケアするのは難しいと思いますが、家に帰ってきた時にはすぐにお風呂に入って、髪の毛と皮膚についた花粉を洗い流す様にしています。

勿論洋服も花粉がついているので、掃除機で吸う等してなるべく取る様にしています。
また花粉症は専用の飲み薬を服用する事によって、大分アレルギー反応を抑える事が出来るので、毎日服用して反応を抑えています。

刺激の少ない基礎化粧品で保湿をする事も大切。
乾燥性敏感肌の方であればお分かりかと思いますが、乾燥するだけであれば、ひたすら保湿に注力すれば良いのですが、敏感肌も持ち合わせている場合には保湿だけすれば良い訳ではありません。

肌に刺激を与える基礎化粧品は極力避けた方が良いので、敏感肌用の薬用のものや、口コミ等で人気の低刺激性の保湿力の高い基礎化粧品を使用する事をオススメします。
しっかりと保湿された肌であれば、刺激を受けにくく、より健康的な肌に近付く事が出来ます。

また、内面からのケアも必要で、ビタミンをしっかり摂ることも重要。
ビタミンは肌には欠かせない重要な栄養素です。
特に肌の揺らぎ易いこの季節は、ビタミンをしっかり摂って、刺激から肌を守らなくてはいけません。

私は皮膚科に行ってビタミン剤やシミを防ぐ内服薬を処方して貰ったり、コールドプレスジュースを飲んで野菜の栄養素をそのまま摂る様に心掛けています。
食事でビタミンが摂れない人はビタミン剤等の内服薬を服用したり、野菜ジュース等で補う事をオススメします。

これらの対策により、健やかな肌を保っています。