季節の変わり目と肌の対策

季節の変わり目というのは体調を崩しやすい時期であると同時にお肌の調子も崩しやすい時期ということが出来ます。

肌が荒れてしまったり、春の新色を試したら普段と違う化粧品で肌が赤くなってしまったなんて事も少なくありません。

季節の変わり目というのは、気温の変化が大きいのでどうしても肌に負担がかかり荒れるというゆらぎ肌の人が増加傾向にあるそうです。

またゆらぎ肌の特徴は敏感肌と同じような感じで、過剰に肌が反応してしまうと言えます。

他の要因は環境変化によるストレス、あとは花粉なども挙げられます。

また春は紫外線が徐々に増えてくる時期なので、肌にとってはいい時期とは言えません。

対策としては肌が弱っているので化粧水や乳液をたっぷり使用し保湿を心がけましょう。ですが過剰なスキンケアは逆効果なのでその点は注意してください。

保湿はすればするだけいいのではなく、肌に染みこむ限度があるので、多すぎてもよくありません。

またニキビなども増える時期です。これは体調を崩しホルモンバランスが乱れた結果で、新陳代謝がおかしくなってしまっているのです。

だからきちんと洗顔して、注ぎをすることとニキビのお薬をつけるようにしましょう。

ニキビは潰すと跡が残るのでNGですし、市販の薬でなかなか治らない場合は皮膚科に訪れることをオススメします。

これまで説明したように春はお肌がゆらぎ状態が良くないにも関わらず、敏感肌になっているのであまりスキンケアをすることが出来ません。なのでお肌の状態をよくするために野菜をしっかり食べることをオススメします。

また体調を崩すから肌の状態が悪くなるのですから、免疫力を高める必要があります。

その為にはしっかり睡眠を取ることとあとウォーキング程度でいいので、温かくなってきましたし少し体を動かしましょう。

そうすれば汗もかき新陳代謝もよくなるので肌の状態は改善される筈です。春の肌の調子を整えるポイントは体質の改善にあるということが出来ます。